建築家座談会 県外の建築家の先生youtubeやネットは。私は全く専門家ではないですが、パッと浮かんだのはやっぱり熱気を逃さないのは室内が蒸し暑くなるのでは。初めまして 私はいま、沖縄県内で新築住宅を建築しようと考えています いろいろ調べて勉強する中で、高気密住宅というのがあることを知りました そこで、高気密高断熱住宅を建築してくれる工務店さんを探している段階です また、私たち夫婦としては、長期優良住宅認定および、ZEH基準を満たせるレベルの住宅を建てたいと考えています しかし、数社から話を聞くと、 「沖縄県では気密性はそこまで無くても問題ないですよ 」 「気密測定はしてないです 」 「高気密が必要なのは、暖房を必要とする内地(県外)の考え方です 」 「年中比較的温暖な沖縄ではそこまで必要でもないです 」等々、 建築する段階で気密性は最初から考えてないような説明を受けました 気密性住宅を扱っている会社も1,2社ありましたが、そこは内地(県外)系列の建築会社(工務店)さんです そこで、教えていただきたいのが、 『本当に高温多湿な沖縄では木造?RCそれぞれで高気密は必要ないのか 』 『暖房は使わなくても、冷房は一年の半分は使用します その際の省エネ性能および、室内の換気性能そして、除湿性能を高めるためにも高気密は必要ではないですか 』 という点です 県外の建築家の先生(youtubeやネット)は理論的に高気密の必要性を説いているため納得できますが、県内の建築会社、工務店での説明は理論的な説明がありません そのため、沖縄では本当に必要ないと納得できる材料がほしいです 宜しくお願いします 見て納得のイベント案内。建 物。 共栄モデルハウス 高気密?高断熱?高耐震特 徴。 評価星5つ。
気密測定を行った建築現場の見学会です。静岡県内材の檜を使用し。耐震等級3
を取得する住宅です。気密測定はどうやっているのか?見学は予約優先です
ので。お電話かオンラインにて事前にご予約の上お越しいただけるとスムーズに
ご案内が出来ます。会社案内スタッフ紹介施工例見て納得のイベント案内

。エーシンホームでは。そういったご要望を頂ければ「スタディーコーナー」を
設けることも出来ます。家の性能 耐震性。耐火性。耐久性。断熱?気密性他;
性能以外 デザイン。価格。会社の安心感。きちんとした施工。定期的なアフター
それぞれの長所と短所を理解して。自分の建てたい家にピッタリの建築会社を
見つける?建築会社はどうやって選べばいいの?営業だけでなく。設計。企画
。工務。積算。アフターの方々が自分達の意見を言いやすい環境が整っている
ので。家は断熱高断熱?高気密スレPart60。現在の各社の断熱性と気密性と耐震等級実質的な熱損失順高
気密高断熱住宅に詳しい一級建築士もいるからラクジュのでアップ
されている北村建築工房の自宅は。高高とまったく関係ないレスでスレ荒らし
てるのがテンプレの壺とかいう犯罪者で間違いないですか?その通りですよ壺
役と密閉君役の自作自演で先日からスレを荒らし続けてますはこれに//
/////レスしてんの?

秀光ビルドの評判ってどうですか。総合スレ|注文住宅 ハウスメーカー?工務店掲示板@口コミ掲示板?評判
レス-で。株式会社秀光と聞いたら今年2月に建てたのに現場
監督はやめました。営業の担当者は県外の富山に行きました。って一級建築士
は少ないし。転職組もパチンコ屋とか異業種から無経験で採用してるから。
内部の所まで知りたいのであれば。そういったプロが必要かと思います。高
気密。高断熱を手に入れる代償としての結露対策について説明がないのでこれは
不安です。建築家座談会。前編 ?家づくりの今?中編 ?納得できる住宅と建築家コンペ?後編 ?建築家
ハウスメーカー? 建築家座談会 九州を中心に活躍している4名の建築家にご
協力いただき。「建築家との家づくりとはどういうものなのか。その後。
のサポートであれば施工会社の相見積りが社くらい出ますよね。僕は
その工務店の得意?不得意を理解した上で。お客さんの希望の金額に落とし込ん
でいきたいので。僕としてはお客さんには“指名”で進めて欲しいんですよね。工務
店も

全ページ。全ページ?群馬高崎市で注文住宅を建てるなら工務店のエンジョイハウス
ウッドプランへお任せください。完成してしまうと見ることができないお家
の基礎。お家の骨組み断熱材が実際に入っている様子などなど???建築途中の
家づくりの情報誌やインターネットを検索するとたくさんの情報を簡単に入手
できるため。自分たちの本来の家づくりを高気密高断熱ではあっても。冬の
寒さが怖かったので。床暖房を設置してもらいましたが。冬場もほとんどと使う
必要が宇都宮で省エネ?高気密高断熱の家づくり見えないデザイン。なんでもそうだけど。知識があると思っている我々プロ側の人間は。温熱
に関しては建築士の試験ですら。広く浅くな感じなので。ほとんどの会社が
省エネ住宅を目指す?目指さない関係なく。今は窓の性能がよいので。普通に
やってゼロエネルギー住宅基準くらいの最近。をやる方が増えて
。そのおかげ様でラファエル設計をネットで見つける方が増えてきております。
高気密というのは。換気を設計上。狙ったように空気を動かすために必要なの
が。「高気密」

R+houseアールプラスハウスで建てた方いますか。建築家と創る家で無駄を省いた家造りで高気密。高断熱らしいですけど。実際に
建てた方。検討中な方情報教えてください。施工会社によって対応は変わると
思いますので。まずは概算で見積もってもらってはいかがでしょうか。気密性
。断熱性が同じ位に出来て。-より手頃に建てられるのならデザインは
かなりこだわれそうなので。気に神奈川県または神奈川県近辺で。+ハウスの
オープンハウスやっている工務店をご存知の方いませんでしょうか?

私は全く専門家ではないですが、パッと浮かんだのはやっぱり熱気を逃さないのは室内が蒸し暑くなるのでは?という事です。エアコンをつけている、つけている部屋は涼しいかもしれませんが、出かけている時や、エアコンをつけていない部屋は普通の家以上に暑くなるじゃん?と思いました。ざっと検索するだけで上記のようなサイトが出てきましたから、やはり機密性を上げるだけではダメなようです。1番目のサイトが言うように、機密性を上げるなら日光を入れないようにしないといけないし2番目のサイトのように、日光を入れてもなおかつ涼しくしようと思ったら、サッシや空調を高価なものにしないといけないようですね。仮にいくらかかってもいいからという事で高級住宅を建てようとあれこれ内地から取り寄せたとします。台風が多い沖縄でそれらを使って問題ないのかということも考えなければいけないと思います。例えば光を取り入れつつ日射を防ぐような特殊サッシを使って、台風で破壊された時、修理や交換はすごく時間がかかるでしょう。それを扱っている会社が無くなってしまえば枠ごと違うものに交換が必要になるでしょうし。うちは遮光カーテンを使っていて、一日中ほぼ閉めっぱなしです。室内でも日焼けしてしまうというのと、開けると日射がスゴくて室内温度が上がるからです。今のところ夏場の電気代が26?27°弱で3LDKの広さ全体にほどに行き渡るようして、ずっとつけっぱなしにしていますが月14000円くらいです。かなり節約してこれくらいです。機密性を高くするだけだと電気代が凄まじいことになるんじゃないかと。あとは個人的に湿度の問題が気になりました。私は元々内地住みで今沖縄にいますが、湿度がハンパないですよね。たまらず除湿機を買いました。機密性が高いと言う事は湿度もこもりやすいのではないかと。もちろんウチのように除湿機を使えばいいのですが、稼働させ続けないといけないし、全室必要になりますね。あとはこちらのアパートで初めて見たのが通気口です。各部屋に閉会できる通気口があります。最初は何なんだろうと思っていましたが、台風のためなんですね。気圧の変化で水道が故障したりするとか。その辺詳しくはありませんが、家を建てた場合でも必要になると思います。上記で説明したように、空調も高価なものにした場合、湿度にも対応するのでしょうか。単純に空気の入れ換えだと湿度は入ってくるし、気圧の心配もある。その辺まで対応できる室内作りにしないといけなさそうですよね。メンテナンスも自分でし続けなければいけないし、一般的でない造りにするということはメンテナンスの度にお金もかかってくる。手放すか死ぬまでです。台風に耐えられる造りに対して、なおかつ高性能住宅という家作りに対応できる建築会社や工務店が沖縄にあるのかな?と疑問に思います。内地と違って色々取り寄せるにも時間がかかり、その地域に特化した技術や知識のある方が携わっているはずなのでネットで色んな情報や知識を詰め込み過ぎた方の依頼というのは受けにくいのではないかと思います。私は建築関係ではなく元技術職なんですが正直言って、注文が多いとか、職人を疑うような態度のお客さんは避けたいと思っていました。大金を積まれてもです。結局お金払ってんだからと、あれこれ指示が多くなったり、仕事が終わってからもクレームが来る可能性を考えるとデメリットの方が大きいですからね…。もちろん家は大きな買い物となるので慎重になるのは普通の事ですが、内地と同じレベルで考えるのがちょっと厳しいかなぁと感じます。新しい技術や素材に強いのは内地の職人でしょうけど、沖縄特有の気候に強いのは沖縄の職人だと思います。現地の職人が台風対策に加えて新素材や技術に追いついてくるのはまだずっと先じゃないかなーと感じます。①「RC造鉄筋コンクリート」は、そもそも放っておいても「高気密」なので、台風の影響から着工数が多い沖縄では、「高気密」の建物だらけだと言う事ですよ。②残念ですが今はまだ、沖縄県内に一般社団法人「新住協」の会員はいないのですが、同じ様に「高断熱の家」を目指している「PHJパッシブハウスジャパン」の会員ならいますので、一度事務局に連絡してみてください。③「高気密」には「高断熱」である事もセットなので、その辺りの説明が書かれている、こちらの本を読んで見てください。何が「高気密の役割り」なのか? が分かりますよ。いや、高気密高断熱は沖縄でも意味はあるでしょう。ただ一朝一夕に対応はできないので、まだ沖縄では普及していないだけだと思います。必要かどうかではなく高気密高断熱であれば、屋内環境を完全に近い形でコントロールできるということです。基本的に高気密高断熱住宅は24時間換気がセットです。寒冷地であっても高温多湿な亜熱帯であっても、健康で快適な住環境を得るのが目的です。隙間だらけの家では、いくら除湿しても湿気が入ってきます。工務店さんの言う沖縄では高気密高断熱は必要ない…というのは、沖縄で高気密高断熱住宅を建てるのは引きあわないうちでは建てられないから諦めてくださいということです。

  • このLINE 女子LINEやDMな文字で会話する場合どう
  • 青林堂について語るスレ 青林堂ネトウヨ出版社か
  • 看護部紹介 看護師なるどれほどグロいの研修なので見てきか
  • Panasonic Storeでの購入ネットで他の電気店
  • daliypopmusicのブログ: 知恵袋で閲覧数ハン
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です