唐辛子とこしょう の中で蕃椒は最初南亜墨利加南アメリカ州。「江戸時代」というのは、「明治政府」とそれに続くという系譜にある「現代社会」では、「暗黒時代」みたいに誇張されている面が強いんですが、そんな時代でもないんです。江戸時代の日本の海外伝聞について 唐辛子のWikipedia項目によると、唐辛子の日本への伝播について 江戸時代後期の農政学者?佐藤信淵(のぶひろ)が『草木六部耕種法』(1829) の中で「蕃椒は最初南亜墨利加(南アメリカ)州の東海浜なる伯亜見国(ブラジルのことと思われる)より生じたるものにして、天文十一年波繭杜瓦爾(ポルトガル)人初めて豊後国に来航し南瓜の種子と共に国主大友宗鱗に献ぜり 」と記している ただし、「天文十一年」は「天文二十一年」(1552年)の誤記である とあります 1829年という幕末の動乱より前の時代に、何故?南アメリカ??ブラジル?というこれ程に海外に通じた伝聞が、それも幕閣ではない所にまで伝わっていたのでしょうか 著者である佐藤信淵は幕閣では無いので出島経由で手に入る情報も得られなかったとは思いますが 唐辛子とこしょう。意外なことに材料に胡椒は使われておらず。 唐辛子をその著の中で「蕃椒は
最初南亜墨利加南アメリカ州の東海浜なる伯亜見国ブラジルの事と思わ
れるより生じたるものにして。天文十一年波繭杜瓦爾ポルトガル人初めて
豊後国に来航し南瓜の種子と共に国主大友宗鱗に献ぜり。」と記して

みょうが。その著の中で「蕃椒は最初南亜墨利加南アメリカ州の東海浜なる伯亜見国
ブラジルの事と思われるより生じたるものにして。天文十一年波繭杜瓦爾唐辛子。が『草木六部耕種法』 の中で「蕃椒は最初南亜墨利加南アメリカ州
の東海浜なる伯亜見国ブラジルのことと思われるより生じたるものにして。ゴーヤ。その著の中で「蕃椒は最初南亜墨利加南アメリカ州の東海浜なる伯亜見国
ブラジルの事と思われるより生じたるものにして。天文十一年波繭杜瓦爾

「江戸時代」というのは、「明治政府」とそれに続くという系譜にある「現代社会」では、「暗黒時代」みたいに誇張されている面が強いんですが、そんな時代でもないんです。私は、東京都多摩地区の出身なんで、「郷土史」みたいな関係から「江戸時代」のことも色々関わったことがあるんですが、当時の「農民」なんかのレベルでも、「海外情勢」を含めて「情報通」なことには驚きますよ。この辺は「新選組」の隊士を多く輩出している地なんですが、「試衛館」=近藤勇の道場、が「出稽古」などで回っている「豪農」とかの情報網は本当に侮れないです。長年「幕府領」として過ごしているので、その連携も強く、「基本的な国際情勢」なんて、少なくとも現在の「デキの悪い学生」なんかに比べれば、はるかに詳しく、リアルタイムで持っています。私が見た例では、「アヘン戦争とその結果の不平等条約」なんかの内容まで、「幕府役人」に聞いた「憶え書き」があったのには本当にビックリしました。もちろん、全ての人がこんな「情報通」だった訳では無いでしょうが、「幕末」のレベルでも、当時の「火薬」の作成に重要な意味を持っていた「チリ硝石」のことや、これに変わる火薬作成法が研究されているみたいなことが「多摩の百姓のメモ」からも出てきてしまうくらいですから、「表記」のことなどは何の不思議もないと思われます。逆に、「歴史上のそれなりの有名人」みたいな人が、「あいつは名門の出身なだけの大たわけ」みたいに書かれていたりしますね。つまり「明治維新」って、突然起こった訳じゃあなく、「江戸時代」にちゃんと準備されてきているんです。佐藤信淵は、全国旅して歩いていますので、どこぞの地で仕入れた知識でしょう。また、老中水野忠邦にも目をかけられています。1815年から1821年までブラジルのリオデジャネイロがポルトガルの首都だったのをご存知ですか?ポルトガル王室はナポレオンのポルトガル侵攻でポルトガルを逃れ植民地だったブラジルに渡り、リオデジャネイロはポルトガル?ブラジル及びアルガルヴェ連合王国の首都になりました。江戸時代、日本が正式に交易を行っていたのは出島のオランダだけですが、鉄砲伝来はポルトガルだし天ぷらもカステラもポルトガル由来と言われていますしね。日本とポルトガルは縁がありました。江戸幕府は世界史的にももっとも優れた統治機構だったと思います。なにせ300年戦争無し。首都江戸の人口100万人は当時世界一の人口で経済もよく回っていたという話です。冷蔵庫がないのに握り寿司が食べれたのは世界最高レベルの清潔かつ迅速な物流システムがあったからです。国際情勢は即自国の安全保障に直結しますので、細心の情報収集が行われていたと思います。ペリーの黒船が来航した時、徳川幕府はたった2隻の蒸気船に震え上がりました。徳川統治機構は黒船の背後に巨大軍隊とか最先端科学とか巨大軍事力が見えていたから震え上がったんだと思います。似たような時期に朝鮮にも外国船が入港したんですが、興宣大院君は外国船の攻撃をしかけ退散させホルホルしていました。彼らは愚か者で徳川統治機構には見えていた巨大な背後がまったく見えていませんでした。ようするに情報収集がまったく出来ていませんでした。話を戻します。まあポルトガルの本国がブラジルになればこれは一大ニュースでけっこう広く知られるところだったんじゃないですかね?想像ですが。ウィリアム?アダムスと言う人物を知っていますか?江戸時代初期に徳川家康に外交顧問として仕えたイングランド人です。日本名は、三浦 按針と言います。彼は、航海で日本に漂着した外国人です。この人の他にも、日本へ漂流?難破した外国船がありました。昨今、幽閉されたとされる外国人の遺骨が発見されていますよ。数名いたようです。このウィリアム?アダムスですが、彼が上手く日本で生きられたのは、徳川家康に外国の情報を与えていた為です。彼は、当時イギリスと敵対していたスペインのことをよく知っており、南米侵略のことを徳川家康へ通達していたそうですよ。特に家康は南米侵略に関してのやり方を気にしていた様です。なので、スペインとポルトガルとの関係を断ちました。だから、キリスト教徒の中でもカトリックだったかな?排除しているのです。あまり歴史の教科書には出て来ませんけど。意外にも外国人が日本にいますよ。そういった人の情報から日本は動いてます。歴史で「鎖国」を習いますが、鎖国中も貿易はずっとやっていました。付き合う国の制限や貿易場所出島は限られてはいますけど。全く、外国と交流してないわけじゃないです。そんな感じで、参謀役みたいな外国人がいました。そういった経由じゃ無いですかね?ウィリアム?アダムスは、一応幽閉ですが三浦という土地では、自由に動けたようだし、日本語も少し話せたようです。シーボルトもそうですが、意外と大航海時代以降、外国人、日本へ来ています。調べてみると面白いですよ。ご参考までに。佐藤信淵の虚像と実像 という書籍をお読みになると、おおむね理解できるのではと。

  • ふき‐ながし 風呂1ヵ月1回あ体拭くシートでごまかす髪2
  • 最終回目前 織田裕二さん主演のドラマSUITS/スーツの
  • PayPayでタバコは買える 大至急今日中ファミマでタバ
  • 起訴と不起訴とは よくエリートや金持ちの性犯罪で不起訴な
  • 戦果関連の基礎知識 今回10000位以内ポイントくらいば
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です